SMW(ソイル連続地中壁)工法

    概要

  • ソイル連続壁工法は原位置土とセメント系ミルクを注入し攪拌、混合してソイルセメントを造成し
    柱列地下壁を構築するものである。
  • ソイル連続壁自体が信頼度の高い止水壁として利用できる他、山止め壁としては種々の芯材(H型鋼etc)を
    注入する事により用途に応じた耐力が自由に選択でき、広範囲な利用ができる工法であります。
  • 主な用途

  • ビル、地下鉄、下水道などの地下構造物建設時の、山留など。
  • 地下浸透水の流れを堰止める止水壁や、公害汚染物質を遮断する環境汚染対策遮断壁に利用されています。

CDM(深層混合)工法

    概要

  • CDM工法は、セメントスラリー等の改良材を地盤中に吐出し、改良材と軟弱粘性土を地中で攪拌混合し、科学的な
    結合作用を利用して強固な地盤を形成する地盤改良工法です。
  • 主な用途

  • 建築構造物の基礎地盤の改良、盛土(堤防・道路・鉄道他)の安定。
  • 仮説山留杭・地中梁・底盤改良

ロックソイル工法

    概要

  • 従来工法では効率よく掘削できなかった。旧地下構造物の鉄筋コンクリートや転石岩盤等を経済速度で粉砕掘削し
    新設される山留壁等の施工を容易にします。
  • 主な用途

  • 土留め壁。構台杭、構真柱等。
  • 地中障害撤去工事、宅地地盤改良工事、山留H鋼SP打抜工事、土壌汚染対策工事